不用品回収業者と名乗る業者との交渉には十分注意が必要です!

「自宅を新築するから古い家具や家電なども思い切って捨てたい。
業者に処分をお願いするから安心だ。」

と考えている方が意外に多いものです。
でも本当にその業者、大丈夫ですか?

住宅街の中を業者のトラックが走っていることもありますし、郵便ポストには無料回収の文字が目立つ業者のチラシも投入されることがあるでしょう。

現代は自治体でごみ袋が指定されていることが多く有料がほとんど、ましてやごみを処理することも有料です。

そんな時無料で回収してもらえると聞くと依頼したくなるのは当然。

ここで勘違いされてはいけないのですが、全ての回収業者が悪いわけではないのです。
誠意ある対応できっちり作業してくれる業者ももちろんいるはずです。

しかし、近年全国の消費生活センターには、このような業者となんらかのトラブルを抱えてしまった、という声が寄せられるのが現実です。

私の知人は、とにかく業者に依頼すれば全て無料だし安心だと考えていたのですが、このようなトラブル例を知り愕然、すぐさま考えを改めました。

ここに消費生活センターへ寄せられた声の一部をご紹介します。

あらゆる情報から業者を選び、本当に信頼して任せられる業者を決めたいものですね。

【トラブル事例:タダだと思い呼び止めると有料と言われた】

「無料で回収可能。
ご家庭でいらなくなったものがあればお知らせ下さい!」

と呼びかけていた業者にテレビの回収を依頼。

家へ訪れた業者は「回収費用は二千円ほど必要です」ときっぱり断言。

「アナウンスでは無料と聞こえましたが…。」と食い下がったが、「全ての粗大ゴミが無料とは言っていない」と断言されると断わりにくく、仕方なく二千円を支払って、テレビを回収してもらう羽目に。

領収書すら渡されず、業者は去っていきました。
(50歳代 女性 主婦)

近年増加傾向なのが、ついつい誘い文句に乗せられ気軽に家へ招き入れ業者に自宅の場所を知られてしまうこと。

その事にはっと気付くと怖くなって断りにくくなってしまうようですね。

一旦そう考えると「断ったことで何かされてしまうのでは…。」、と悪い考えに走り、まるでこちらが悪いことをしたみたいに考えてしまうのです。

相手からそう簡単に危害を加えられることはない、と頭では分かっています。

でも後味の悪さもあり、言いようのない不安に襲われる方もいるでしょう。

特に女性や一人暮らしの方は心細くもなりますよね。

まずは、いくら無料とアナウンスしていても安易に頼まないことが前提です。
しかし被害に遭わないためには、まず業者を利用する際自宅前ではないところで交渉するのがベターでしょう。

本当に無料か、積み込み後に追加で費用が発生しないか十分に確認して作業に取りかかってもらう、という手順を踏みたいですね。

トラブルを避けるための弊社の取り組み

都城市片付け110番では、お電話でご相談いただいた時にオペレーターが大まかな処分金額を必ずお伝えしています。

ほとんどの方は特別なこと(引っ越しなど)がない限り不用品を処分することはないでしょう。

ですから金額を提示されてもその金額が相場なのかどうか想像できません。

弊社ではスタッフが親身になり誠意ある対応を心掛け、粗大ゴミの処分料金、買取りも含めて正確な金額をお知らせして説明致します。

作業後などに追加で料金を請求することは一切ありません。

見積もりを作成する際も現地で状況や処分品を確認、お客様にとって適切な金額をお知らせするようにしています。

最終的にプランの中身や料金をしっかり確認、疑問点も全て解決していただいてからのご依頼で結構ですよ。